b0199750_22461230
私の日記帳より画像引用

日本で最初に世界遺産に登録された場所、屋久島。
鹿児島県の約60km南に位置しています。

屋久島へは飛行機か船でのアクセス。
飛行機は大阪・伊丹空港から1時間30分、福岡空港から70分、鹿児島空港からだと30分で到着します。
船の場合、ジェットフォイルて2時間半、フェリーで4時間となります。

 

屋久島と言うと森の話が多いイメージがありますが、海だって負けてはいません!

「ひと月のうち35日は雨」と称されたほど雨の多い島ですが、その雨水によって森から海へと豊富な栄養分が流れ込み、豊かな海を形成しています。

雨が多いのにダイビング?

心配ありませんよ!海の中は黒潮の恩恵を受け、透明度20m程度の日が多いので潜ってしまえば関係ありません!

GOPR1188
世界遺産 屋久島の海日記-屋久島ダイビングスクールたつのこより画像引用

水中は温帯の生物と亜熱帯の生物が入れ替わるエリアと言われており、独特の生物相を見ることができます。

10299927_864167356935304_8269163656690007354_n-e1423447098197
SCUBA DIVER LIFEより画像引用

hotwk0ermd
YakushimaDivingServiceもりとうみより画像引用

joee
YakushimaDivingServiceもりとうみより画像引用

余りにも生物相が豊富なので、こういったマクロ生物ばかりが注目されますがもちろん回遊魚などの群れも期待できる海なのでご安心を!(笑)

また、屋久島はカメの島としても有名です。

島の北部にある永田浜は絶滅危惧種アカウミガメの、世界有数の産卵地。
水中では、アカウミガメはやはり数が少ないものの、1年中たくさんのアオウミガメを観察することができます。

kame3
YakushimaDivingServiceもりとうみより画像引用

生物以外の見所としてはこちら!

10690316_863357507016289_2567728846454390582_n
SCUBA DIVER LIFEより画像引用

なんだかわかりますか?
ただの漁礁では無いんです!

ポイント名は

ゼロ戦

この漁礁の様なものは飛行機のプロペラエンジン部分なんです!

果たして本当にゼロ戦のものなのか、もはやわからないそうですが、ここはゼロ戦ということにしておきましょう!(笑)

戦後70年経っても残る戦争の爪あとですが、今では魚たちの、恰好の棲みかになっています。

 

屋久島に訪れるのであれば、やはり世界遺産の所以となった森林環境も見ておきたいところ。
樹齢2000年以上の縄文杉や3000年以上の大王杉に代表される屋久杉は有名ですね!

FL000012
屋久島の世界自然遺産と縄文杉登山より画像引用

標高1936mの九州最高峰・宮之浦岳を中心に島の90%が森林で覆われています。

その森林は、映画「もののけ姫」のモデルとなったことでも有名です。

mononoke250
murubushiより画像引用

宮之浦岳では毎年積雪が観測され、積雪が観測される最南端。
一方で海岸近くのガジュマル林は日本最北端のガジュマル。

このことからも分かるように、温帯から亜寒帯に及ぶ多様な植物相が世界遺産に指定される理由のひとつになったんですね!

 

↓屋久島近辺の宿・ホテル予約はこちらから!!
宿・ホテル予約ならじゃらんnet

↓航空券予約はこちらから!!
かしこい旅、エクスペディア

 

↓↓↓少しでも良いと思ったら、「Like」をClick!!↓↓↓[socialBtns]


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事