減圧停止と安全停止の違い

貴方は、減圧停止と安全停止の意味の違いをご存知ですか?
意外とわからない方が多いかもしれませんね、

 

 

ずっと安全に楽しくダイビングを続けられるために、
自ら、そして自分の周りの人々を減圧症にさせないためにも、
減圧停止と安全停止はとても重要です。

 

下記をぜひご覧いただき、ぜひ覚えておいてくださいね!

■減圧停止とは


万が一、無減圧潜水可能時間を超えてしまった場合、
過剰な窒素を体内から排出させるために、
浮上前に定められた深度で定められた時間、停止をすること

 

 

無減圧潜水可能時間を決して超えてはいけませんが、
緊急等やむを得ない場合は、
自身のもつダイコンの指示に従い、一定時間一定の水深で停止をする必要が有ります。
※無減圧潜水可能時間を超えた場合、一般的なダイコンでは、
「DECO」、「NO DC TIME」等の減圧表示が現れます。

20160128121155

ここで重要なことは、
減圧表示が出てに慌てないこと。
慌てずゆっくり浮上を開始し、自身のダイコンの指示にしっかりと従ってください。

 

そのためにも、自分のダイコンについて
・減圧表示はどういった表示なのか?
・とどまっていなければいけない深度/時間はどのように表示されるのか?
を説明書でチェックしておく必要がありますね!!

■安全停止とは


無減圧潜水可能時間の間であっても、
安全のために浮上前に深度5mの地点で3分間停止をすること

 

浮上中により多くの窒素を排出することは、減圧症の予防にもつながります。

より安全なダイビングを行うために、全てのダイビングで安全停止を行いましょう!

shutterstock_138818774_14208586643_o

 

 

減圧停止と安全停止、

似たような言葉でも、意味が全く違います。

減圧停止はするべき状況にしないことが大切ですが、

安全停止の意識はいつも心がけましょうね!!

 


Bookmark the permalink.