今話題の”ニフレル”に行ってみた【Part2】

“ニフレル”特集第2弾!!
(前回の記事はこちらから→今話題の”ニフレル”に行ってみた【Part1】)

今回ご紹介するのは、

“わざにふれる”のエリアです!!
CSC_0255
こちらのエリアでは、生き物たちのオリジナリティー溢れる「わざ」を

工夫された水槽でより間近に観察することができます。
CSC_0257

 

では、写真を交えて、観察できる生き物たちの一部を紹介していきますねー!!!


CSC_0258
コウイカが威嚇の為に色を変える瞬間をバッチリ収めることができました!

 

こちらは、2億年前から姿を変えない”生きる化石”と言われているカブトガニ
独特のフォルムですよね。。
CSC_0262

ひっくり。。。
CSC_0263
かえっちゃったーー!!!

独特のフォルムですね(汗)
カブトガニの血液は医学、我々の日常食品の衛生検査にも利用されており、
絶滅危惧種としても有名ですね。

 

 

CSC_0265
ジョーフィッシュ(アゴアマダイ)の仲間もたくさんいましたよー!!

20160303102600

運が良ければ、ハッチアウトも観れるかも。。。

 

 

こちらではフリソデエビも展示されていました!

なんと、ちょうど脱皮した後だったみたいですね・・
CSC_0268
フリソデエビは、ヒトデを専食としています。
オニヒトデの天敵として、サンゴ礁の保護に用いることも考えられているのだとか。。


続いて、”すがたにふれる”のエリアです!!
DSC_0130
こちらでは、生き物たちの不思議な姿とアーティスティックな水槽が私たちを魅了します。
DSC_0131

 

 

chinanago
大人気のチンアナゴ

 

身体の大半を砂の中に潜らせていますが、
砂の中でどうなっているか、気になりますよね??

 

ニフレルではどのように展示されているかというと。。。
DSC_0134
なっがいですね。。ひたすら長い。。
こんなに長くても、砂の中で絡んでしまいそうですが、
みんな綺麗に潜っていました。笑

 

DSC_0141
個人的にはこのボロカサゴの展示に感動しましたね。。

 

 

また、こちらでは、水中生物のCTスキャン映像が展示されていましたよ。
いろいろな生き物の骨格、ちょっと気になりませんか??

 

今回は、タツノオトシゴのCTスキャン画像をご紹介。。。

DSC_0145
ああ。なんかそのまんまですね。。。笑

そのほかにも、カエルアンコウハナミノカサゴ等のCTスキャン映像を見ることができました!!
気になる方はぜひ足を運んでみてくださいね!


ニフレルでは、2回にわたってご紹介してきたように、

従来の水族館にはない、独特な水中生物の展示だけでなく、

様々な生き物と触れ合えるコーナーが沢山あり、非常に注目されている水族館です!

関東の方は、関西に訪れる機会があれば、ぜひ行ってみてくださいね!!


◆ニフレル詳細情報◆

DSC_0005
所在地 : 大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内ニフレル
営業時間:10:00-20:00
休館日:年中無休
※年に1回設備定期点検のための臨時休業がございます。
入館料:大人(高校生/16歳以上)1,900円
公式HP:http://nifrel.jp/
Twitter:


Facebook:

Photo by Megumi.K

160419_DETCH_300_250


Bookmark the permalink.