海猿!潜水士のハードルは意外と低かった!?

ごめんなさい。

先に謝ります。

今回ご紹介する

『潜水士』

は、海猿に登場する潜水士とは異なります…

 

ちなみに海猿でいうところの潜水士とは…

ただの潜水作業をする要員ではなく、潜水による人命救助以外にも灯台の保守や海上の犯罪捜査などを行うが、実質的機能は海難救助隊である。第三管区海上保安本部羽田特殊救難基地の隊員や他管区の機動救難士として潜水を行なう者や救難強化巡視船などに設置されている「潜水班」などである。海上保安庁での潜水士有資格者は約200名程度といわれ、全海上保安官のわずか2パーセントの狭き門である。

WikiPediaより

さらに、主人公仙崎が所属する特殊救難隊、通称トッキュータイはわずか36名とも言われています。

 

で、今回ご紹介する潜水士とは、国家資格の潜水士です。

Cカードとは】でご紹介した通り、
我々レジャーダイビングで必要とされるCカードは民間の指導団体が発行する認定証です。

それに対して、潜水士は潜水作業に従事する作業員が持っていなくてはならない資格です。

簡単にまとめると

・遊びで潜る場合⇒Cカード必須。潜水士不要

・潜水作業をする場合⇒Cカード不要。潜水士必須

・ダイビングインストラクター⇒Cカード必須。潜水士必要。(必須としなかったのはグレーゾーンだからです。。。)

 

つまり、ベテラン潜水作業員であってもCカードが無ければダイビングをさせて貰えないんです!笑

 

そんな潜水士ですが、意外と取得のハードルは高くありません。

特にダイバーにとっては既知の知識も多いので比較的容易に取得可能だと言えると思います!

さらに、学生のうちに潜水士を取得するメリットもあるので、ご説明して行きたいと思います!

 

潜水士取得条件


潜水士資格を取得するためには、なんと学科試験のみで取得可能です!

実技試験はありません!

ダイビングを行う人々からすると、危なっ!と思いますが、無いものは無いんです…笑

 

そして、受験に必要な前提条件もありません!

極端な話、3歳児でも受験可能です!笑
※ただし合格後の交付は18歳以上。大学生ならOKですね。

 

試験概要


試験は毎年全国7か所の試験会場で、4回~6回程度開催されます。

2015年末~2016年度の試験日は以下の通りです。

  • 北海道安全衛生技術センター
    〒061-1407 北海道恵庭市黄金北3-13
    2016年:2/10・4/11・7/21・10/7 2017年:2/9
  • 東北安全衛生技術センター
    〒989-2427 宮城県岩沼市里の杜1-1-15
    2015年:12/3 2016年:4/11・7/21・10/7・12/2
  • 関東安全衛生技術センター
    〒290-0011 千葉県市原市能満2089
    2015年:12/3 2016年:2/10・4/11・6/3・7/21・10/7・12/2 2017年:2/9
  • 中部安全衛生技術センター
    〒477-0032 愛知県東海市加木屋町丑寅海戸51-5
    2015年:12/3 2016年:2/10・6/3・10/7・12/2 2017年:2/9
  • 近畿安全衛生技術センター
    〒675-0007 兵庫県加古川市神野町西之山字迎野
    2015年:12/3 2016年:2/10・4/11・6/3・7/21・10/7・12/2 2017年:2/9
  • 中国四国安全衛生技術センター
    〒721-0955 広島県福山市新涯町2-29-36
    2016年:2/10・4/11・7/21・10/7 2017年:2/9
  • 九州安全衛生技術センター
    〒839-0809 福岡県久留米市東合川5-9-3
    2016年:2/10・4/11・7/21・10/7 2017年:2/9

 

試験科目は4科目です。

  • 潜水業務(30点)
  • 送気、潜降及び浮上(25点)
  • 高気圧障害(25点)
  • 関係法令(20点)

1科目10問。全て5択問題です。

全科目の合計点が6割以上かつ各科目4割以上で合格となります。

気になる合格率は約80%と言われており、最も易しい国家資格のひとつに数えられることも…

 

これは筆者の主観ですが

ライセンス取得時の知識:30%
プロレベル取得時の知識:30%
潜水士特有の知識:40%

程度なので、法律関係は暗記し、過去問を解くだけでも十分に対策が取れると思いますよ!

 

さらに詳しくは、以下をご覧くださいね!

header_main

 

潜水士を取得するメリット


潜水士を取得したからといって、それだけで食っていけるものではありません。

確かにフリーの潜水作業員さんは結構お金を持っていますが…

そこには長年の下積みとコネクションが大きな要素を占めています(笑)

 

で、何がメリットかと言うと、ズバリ

就活

です。

 

就活と言っても、他の資格の様に直接的に有利になるわけではありません。(※潜水作業会社を除く笑)

ではなんでメリットがあるのか。

それは

話のネタ

です。

 

就活は自分をアピールする場です。

【学生ダイバーの就活ってどうなの!?】希少価値アピール編などでご紹介している通り、
学生ダイバーには就活でアピールできるエピソードが沢山眠っています。

しかし、そもそもダイバーであることに気付いてもらえなければ宝の持ち腐れ。

就活において

『学生時代頑張ったことは?』

『サークルや部活動などは?』

といった質問は定番ですが、質問されなければ熱弁を振るうことも出来ません。

 

履歴書にサークルを書く欄はありませんが、資格を書く欄は必ずあります。

そこを利用してしまおう!ということです。

 

履歴書に『潜水士』と書いてあれば、多くの面接官が

???

となることでしょう。

この???が重要。

首尾よく食いついて来たら、一気にダイビングで得たものについて熱弁を振るってしまいましょう!

 

実際、筆者の友人は

女子大で音楽を学んでいたにも関わらず、潜水士の資格を持っている

というところから話が膨らみ、
見事に超大手企業・社長秘書の座を勝ち取っていましたよ!笑


Bookmark the permalink.