オーダーウェットスーツの利点って??

オープンウォーター(スクーバダイバー)の講習がそろそろ始まる?

いよいよそんな時期になってきましたね!!

水温も徐々に上がっていくにつれて、
本格的に2016シーズンが始まる予感がしている今日この頃です!

14001908477_8b02f15972_z

 


新入生の方はもちろん、
新シーズンのタイミングで、

「器材を買おうかな?」
「新しいもの、せっかくだからなんか買おうかな??」

そーんな風に思っている方多いのでは??

関連記事:
【ダイビング器材】はじめての器材選び
【ダイビング器材】MY器材は買わなきゃダメ?
【ダイビング器材】“良い”器材を購入するメリット

 


今回ご紹介するのは、

“オーダーウェットスーツ”について。

“オーダー”と聞くと、

「なんかちょっと高そう。。」

となんとなく感じてしまいますよね。
リクルートスーツもしかり、既製品と比べると高いイメージがあります。

結論から言うと、
オーダーウェットスーツも、
そう安いものではないです。笑

 

お値段が張るのには訳がある。。??
ということで、ウェットスーツをオーダーで作るメリットを
ご紹介していきますねー!!

14318441666_6549b0f7f5_z

 

採寸箇所の数


オーダーウェットスーツのメリットをお伝えする前に、
オーダーする際に測る採寸の箇所とと数をご紹介します。

DSC_0060

(1)身長
(2)体重
(3)総丈
(4)ウエスト丈
(5)股下
(6)股上
(7)新背丈
(8)首囲
(9)上胸囲
(10)胸囲
(11)腹囲
(12)下腹囲
(13)尻囲
(14)大腿最大囲
(15)大腿中間囲
(16)膝上囲
(17)膝下囲
(18)フクラハギ囲
(19)足首囲
(20)すね長
(21)肩幅
(22)裄丈
(23)袖丈
(24)腕付け根囲
(25)上大腕囲
(26)大腕囲
(27)肘囲
(28)肘下囲
(29)手首囲
(30)頭囲
(31)外果高
(32)足のサイズ

↓↓女性の場合下記プラス
(33)アンダーバスト
(34)乳下がり
(35)乳頭間

株式会社モビーディックにて、オーダースーツ作成時の一例

 

オーダーを作成するとき、みーんな言います。

「採寸する箇所多くないですか?笑」

 

上記35箇所の採寸の仕方をご説明していくと日が暮れてしまうので、
一旦置いておくとして、
これだけの数を採寸して、作成するスーツ、
自分の身体にフィットしないわけが、、、
無いですよね??笑

ウェットスーツは、
ご自身の身体とスーツの間に水の膜を作り、
体温で水の膜を温めることで、
体温の保温を行うよう設計されています。

オーダーでウェットスーツを作成した場合、
採寸した数字を元に、職人の方々が微調整を行い、
保温効果を最大限にできるよう手作りで作成されているのです。

 

オリジナリティ


オーダーウェットスーツの醍醐味といえば、
ご自身で色が決められること!!

レンタルウェットスーツだと、
真っ黒なスーツばかりで、海に映えない。。。

水中でもおしゃれを意識したい方はきっといるのでは??

 

オーダーウェットスーツであれば、
最大で約10,000通りのカラーリング、
編み目(ステッチ)の色だってオリジナルで決めることができます!!

 

http://simulator.mobby.co.jp/
animatiom02
株式会社モビーディックHPより引用

こちらのサイトでは、カラーシミュレーションをすることができます。
イメージするだけなら”タダ”ですよ??笑

 


オーダーウェットスーツ。
決してそう安くはないものなので、
ご自分のお財布と相談しながら、ぜひ検討してみてくださいね!!


Bookmark the permalink.