【基礎知識】器材セッティング

もーすぐ梅雨明け!!
真夏のハイシーズンに向けて、
リフレッシュダイビングをする方もいるのでは??

Cカード取り立ての貴方も再確認していただきたい!!
器材セッティングについて、写真を交えてまとめてみました!!




0.セッティング時の格好
器材のセッティングを始める前に、
その日の気候を鑑みて、セッティング時の格好を考えましょう。

寒いなと感じる日は、ウェットスーツを着てしまってからでも良いでしょうし、
暑いと感じる日は、ウェットは腰まで。
ないしは、ウェットスーツを着る前にセッティングしてしまうのが良いですね。

今回は、曇っていて肌寒い日だったので、
ウェットスーツを着てからセッティングをしていますよ!!

 

1.エアチェック
4475700655820.LINE
まず、タンク内のエアチェックを行います。

空気は本来、「無臭・無味・無着色」です。
タンク内の空気は、大気中の空気を圧縮したものですから、
タンク内の空気も無臭のはず。

油っぽい匂いやガスっぽい匂いがしないかチェックしてください。

もし上記のようなの匂いがしたら、
充てん設備のメンテナンス不良や、不適切な充てん作業が原因です。

近くのインストラクターや、スクーバセンターに伝えてくださいね♪

 

2.BCの取り付け
続いて、タンクBCを取り付けていきます。

a.タンクにBCDのベルトを通す。
4475700599662.LINE
右側にタンクバルブがくるようにし、
BCのベルトを通してください。

その際の注意点!!
タンクのバルブの頂点と、BCの背中の頂点を同じ高さに合わせてください。

バルブBCよりも上になってしまうと、頭をタンクにぶつけてしまうかもしれませんし、
逆にした過ぎると、タンクがBCから外れてしまう可能性があります。

4475700547926.LINE
BCには2つの紐がついているはず。
BCの下にあるバックルでタンクを固定する前に、その上の紐を引っ掛けましょう!

b.バックルを締める。
4475700479413.LINE
外側の穴にベルトを差し込む前に、グッと力を入れベルトを締めます。
この時、膝でタンクを押さえ、片手でBCやタンクを押さえておくと締めやすいですよ!!

※タンクを倒してしまい、両手で締め込むのもOKです!!

4475700423745.LINE
続いて、バックル部分を立てます。

ちょっとだけ力がいるかも。

4475700359499.LINE 4475700288720.LINE
バックル部分を立てたら、一番外側の穴にベルトを差し込みます。

ぐるっとまわして、テコの原理でパッチン!!
マジックテープをしっかり止めれば、タンクBCの固定が完了です♪
4475700231211.LINE

 

3.レギュレーターのセッティング
タンクレギュレーターをセットしていきます。

a.ヨークスクリューをおへそに。自分が吸う2ndステージが右に。
4475700165771.LINE

ここ、間違える方が多いです!!
ヨークスクリュー(上記写真で、左手で持っているところ)をおへそに向け、
自身が吸う2ndステージを右側にくるようにおいてみてください。

左手側には、残圧計などのゲージ類、左手にきていますか??

きていれば、その方向でセットしていきます。

b.レギュレーターをタンクにセット
4475700109412.LINE
ヨークスクリューを反時計に回すと、
ぽろっと蓋のようなものがとれるはず。
これが“ダストキャップ”ですね。

ダストキャップがとれ、ヨークスクリューの先端が見えるか見えないかぐらいまで、
反時計周りにヨークスクリューをまわしてください。

4475700068081.LINE
ヨークスクリューを手前側(おへそ側)にし、タンクにセット。
ヨークスクリューを時計周りにまわし、締めて行ってください。

4475699942704.LINE
締めすぎ注意!!
そんなに固く締めなくて平気です。

これで、レギュレーターのセッティングは完了です♪

 

4.インフレーターホースの接続
左手側に、中圧ホースが伸びてますよね??
4475699878914.LINE

このホースを、BCの左肩から伸びている、パワーインフレーターに接続していきます。
タンクの空気をBCに送り込み、浮力調整をするためですね!!

4475699817883.LINE
カプラーと呼ばれる金属の部分を、手前に引きながら、
パワーインフレーターの出張っている部分に差し込みます。

手前に引いているカプラーを”カチッ”というまで差し込んで下さい。
4475699693983.LINE

 

5.バルブを開ける
最後に、バルブを開けます!

a.残圧計は裏に向ける。
4475699625644.LINE
バルブは手前に回すと開放され、奥(BC側)に回すと閉じていきます。

手前に回す際、残圧計を裏に向けながら回しましょう。
ごく稀に、残圧計にひびが入っていたりなどすると、
残圧計のガラスが破裂することがあります。

b.あそびをつける。
4475699576050.LINE
手前にバルブを回し切りましたか??

最後に、BC側に半回転回して、”あそび”をつけてください。

“あそび”をつけないと、
岩などにバルブがあたってしまった際、バルブの故障をまねく恐れがあります。

 


これで準備は万端!!

しっかりバディチェックをして、エントリーへと向かってくださいね♪


Bookmark the permalink.