【サークル費用徹底比較】ダイビングサークルvsテニスサークル

学生時代、毎月の様に通帳とにらめっこをしながらダイビングサークルの活動を行っていた筆者。

パンキョー(一般教養)の授業中は、
手帳の最後にあるフリースペースで今後の出費と収入を計算することが日課でした…笑

bb88f32e47960401bc523ad883726785_s

さて、サークルのメンバー同士とは『金ねーー』と言いながらも、
最高に充実した大学生活を送っていた自信があるのですが、
そういえば学科の友達たちも全員口をそろえて『金ねーー』って言ってたっけ。。。

なんで!?!?

ダイビングは多少お金がかかるという認識の分、何に使っていたのか気になります。

もしかして、ダイビング以外のサークルでもそこそこお金がかかる!?

ということで、今回は大学生のサークルと言えば!の”テニスサークル”と、
“ダイビングサークル”についてお金のかかり方を比較していきたいと思います!

 

テニスサークル


42d7a813c0b24f5c7a61f431aa16925d_s

【初年度】

今回はテニス未経験者がテニスサークルに入った場合を考えます。

未経験者ならまずは用具を買わなくてはいけませんね!

■用具代
テニスラケット:10,000円~40,000円
テニスシューズ:5,000円~15,000円
テニスウェア:8,000円~15,000円
テニスバッグ:5,000円~10,000円

合計で3~8万円程度の初期投資が必要な様です。

■活動費
こちらは毎年かかる費用。
個人の活動頻度によっても大きく上下しますが、ざっくりとこんな感じでしょうか。

コート代:3,000円~5,000円/月
合宿費:50,000円~100,000円
大会出場費用:10,000~20,000円
その他懇親会など:0~5,000円/月

合計で年間10~25万円程度の出費を覚悟しなくてはいけない様です。
(筆者の友人から聞いた噂ですが、新歓活動費が更にのしかかってくるということも。。)
(サークル次第ですが!!!)

 

ダイビングサークル


14051341289_527d83a41f_z
ここからは本題の、比較を行っていきたいと思います!

【初年度】

■ライセンス取得費用:40,000~60,000円

ダイビングを行うためには必須のライセンス。
この費用が他のサークルには無い大きな出費でしょう…

■器材:0~250,000円

器材をどこまで揃えるか、も初期費用を決める大きなポイントです。

全く買わないでも活動可能なサークル
軽器材(フィン・マスク・ブーツなど)だけ各自購入するサークル(合計25,000円~50,000円程度)
全て自前で揃えるサークル(~25万円程度)

様々なパターンがあるので、事前に確認することが大事ですね!

ということで、初期費用の合計としては4~30万円と言えるでしょう。

■活動費
日帰りファンダイビング:年間10,000円~15,000円×4
合宿費:15万~25万円
その他懇親会など:0~5,000/月

テニスサークル同様、個人の活動頻度によって大きく変わりますが、一般的にはこんな感じでしょうか。

合計で年間20万円~40万円と言ったところです。

 

まとめ


■初期費用

テニスサークルに比べるとライセンス取得費の4~6円が必須でかかってしまう費用。

器材はテニスとは違いレンタルが可能である場合が多いが、サークルによってはある程度まで購入必須となる。

概ね10万円程度の初期費用は覚悟。(テニスは3~8万円程度)

■活動費

テニスサークルで年間、~25万円程度。

ダイビングサークルで年間、20万円~40万円程度。

つまり…

ダイビングサークルでそこそこ活動する

のと

テニスサークルでガッツリ活動する

ので費用面では同じくらい。

ダイビングサークルでガッツリ活動する

と、やはりテニスサークルよりも年間10~15万円程度、
プラスで費用が多くかかってしまいます。

一方で、年間10~15万円といえば月に約1万円程度。

つまり…

普通の大学生が「洋服だ!靴だ!財布だ!」とオシャレに気を使っている中

その分(その一部)をダイビングに回せば十分に活動可能だと思いますよ!

(こうしてどんどんダイバーはダサくなっていくのかもしれませんが…)


Bookmark the permalink.