【まとめ】冬のダイビング!!メリットをまとめてみた!!

いつの間にか肌寒い季節に。。
あー、もうダイビングの季節は終わったのかなぁ〜。。

っとお考えのそこのアナタ!!!
まだ冬眠には早いですよー!!

14208586643_8a9e887524_z

今回は秋〜冬にかけて潜るメリットをまとめてみましたよー!!

 

冬の透明度


c45cc0ae466750cc946fcd8a6894f7ca_s
冬の海は、九州以北の海(主に太平洋側)において、
一年を通して比較的透明度が良い時期と言われています。

そう、冬の方が海が綺麗なんですね!!

理由は幾つかあるんです。

 

プランクトンの減少

200m程までの海域では、
春:プランクトンの量が最大
夏:プランクトン増大期
冬:プランクトン最低量

冬場の海はプランクトンの量が減ります。
プランクトンの増殖には、栄養と日照、そして水温が必要になります。

水温が低い冬場はプランクトンが減り、濁りが少なくなるということなんですね。

 

大気の乾燥

太平洋側の大気は、乾燥した晴天が続きがちです。
そのため、川から流入する土砂が少ない、という理由もあります。

 

冬の季節風

太平洋側では、冬には陸から沖に向かっての季節風が吹きやすいです。

そうすると、表層の汚い濁った水は沖に流され、
水深の深い綺麗な水が対流して上がってくることになります。

なので、冬は比較的透明度が良いのです。

 

冬のダイバー人口


1446b40d1b964af685e72b570c57e68c_s
冬はダイビングがシーズンオフというのは至極一般的ですよね。。
(残念ながら、、という感じですが。。)

ポジティブに考えると!!
多くのダイビングスポットにおいてダイバー人口が少ない、という訳です!!

悠々自適にサービスを使えますよ?
シャワーも次の人のことを考えずにゆっくり浴びれますよ?
行き帰りの道だってそんなに混んでいないかも。。
憧れのあのガイドさんを独り占めできちゃうかも??

ね!!
冬のダイビングもアリじゃないですか!?!?

 

スーツの保温性


潜れると言っても、やはり寒いのは事実です。
ですが、ダイビングではウェットスーツやドライスーツでそれをカバーしているんですよ!!

ウェットスーツとアクセサリー

ウェットスーツの多くはネオプレーンゴムという、
保温性の高いゴム素材でできています。
水中でなるべく熱を逃がさないようにするため、ダイビングを可能としています。

ネオプレーンゴム自体は水を通しませんが、
あえて首や手首、足首などから内側に水が入っていきます。
最初こそ、ヒヤっとしますが、一度中に入った水を体温で温めて、
次第に冷たさは気にならなくなってくるのです。

更にそれでも寒さが不安な方は、インナーやフード等をウェットスーツの中に着こむことで
体温低下を防止しすることができます。

※関連記事:【必読】ウエットを買い替えなくても暖かくなる方法があった!?

 

ドライスーツ

更に本格的に水温が下がってきた時には、
ドライスーツというものもあります。

素材はウェットスーツと同じネオプレーンゴムを使用している物が多いですが、
こちらは完全に内側への水をシャットアウトしてしまいます。
中に着こむ衣類の量で暖かさを幅広く調整させることが可能なんです。

※関連記事:ドライスーツにおすすめのインナーって??

 

冬の生物


冬の水温が低い(浅場と深場であまり変わらない)時期には、
沿岸と沖合、そして浅場と深場などの生活エリアを移動する生物が出てくるため、
水温の高い海では見ることのできない、冬の海の良さを味わうことができます。

 

 

海中でも四季を感じることが出来るのが、日本の海を楽しめる我々日本人ダイバーの特権です!!
ガシガシ活かして冬の海も盛り上げていきましょう!!


Bookmark the permalink.