【冬のオアシス!?】与那国島のススメ

以前、与那国島の魅力を記事でご紹介していましたが、
今回は海の中に振り切ってご紹介をしたいと思います♪

300px-yonaguni-nishi
Wikipediaより写真引用

与那国島はもちろん一年を通して潜ることができますが、
その中でもベストシーズンは12月〜2月の冬の時期!!

冬がベストシーズンだなんて意外でしょ??
いくら沖縄とはいえ、冬ですから気温も水温も下がります。

「それなのにベストシーズンなの??」

わかります。その気持ち。
でも!ベストシーズンなんです。
その理由はこちらから。

 

ハンマーヘッド


img_entry_03
http://www.d-laboweb.jp/より写真引用

これです。これこれ。
そう!
ハンマーヘッドシャークの群れ!!

最盛期を迎えるのが、12月~2月頃。遭遇率が上がり、群れも大きくなります。

 

遺跡ポイント


正式に遺跡であると認定されている訳ではないですが、
皆さんテレビ等で何度かご覧になられたことがあるのでは?

神秘的なポイント、遺跡ポイントです。
ポイントのメインのエリアは魚が少ないのですが、
それがまた”らしさ”を醸し出していますよねー。

 

注意点


ダイビングの難易度としては、上級者向けといっても過言ではないでしょう。
与那国島のダイビングのほぼ100%がドリフトダイビングとなるため、
スムーズな耳抜きや中性浮力はもちろん、
流れの中でも自在に泳ぐことが出来るフィンキックなどのスキルが求められるでしょう。
毎回ドリフトダイビングとなると、
各自シグナルフロートを持参しておくことも大事ですね。

また、冬にも関わらず、
与那国のボートの上はダイバーでいっぱい。
オフシーズンではなくて、オンシーズンなんです!
いそいそとさせられてしまうかもしれません。そう言った心の準備も必要かもしれませんね!

与那国島の水温・スーツの目安としては、
気温:16-21℃くらい
水温:21-24℃くらい
おすすめスーツ:5mm2ピースor5mm+フードベスト

どうしてもボート上の滞在時間が増えてしまうため、
ダイビング後寒さを感じてしまうかもしれません。
ボートコートの準備があると更に良いかもしれませんねー!

 

アクセス


与那国島へは那覇空港や石垣空港から飛行機を使うのが一般的です。

少しでもお値段安くしたい場合は、
石垣島からフェリーを使うというのも手ですね!

ダイビングは夏だけじゃない!!!
冬だって最高なんですよ!!!


Bookmark the permalink.