【冬の必需品】ドライスーツとは!?

気温が低くなってくると、さすがにウエットスーツを着ていても海の中は寒くなってきます。

そんなとき

ドライスーツなら冬も潜れる!

と、聞いたことはありませんか??

 

ご存知の方も多いと思いますが、改めてドライスーツとはなんぞや?を見ていきたいと思います!

 

ドライスーツって?

ウエットスーツに対してドライスーツ。

濡れるスーツに対して乾いたスーツ。

そう。濡れないスーツです。

まず、ファスナーがウエットスーツとは異なり、水を通さない特殊なファスナーです。

さらに、足先はブーツ(またはソックス)が一体化しており、水には触れません。

そして、首と手首には肌にぴったりと張り付く特殊な素材が使用されているため、ここから水が入ることもありません。
※ただし、首や手首を回すように動かしてしまうと、そこにシワが寄ってしまい、わずかながら浸水します。

濡れないスーツなので、スーツは水着ではなく洋服でOK!

とはいってもジーパンやベルトでは動きづらいので具体的には…

ドライスーツにおすすめのインナーって??

 

メリット

よく聞かれるのですが、ドライスーツは暖かいか、というと、そうとも言い切れません。

ウエットスーツに比べて寒くなりづらい

これがドライスーツ最大のメリットです。

なぜウエットスーツよりも寒くなりづらいのか?

それは、水と空気の性質の違い、具体的には熱伝導率の差が関係しています。

気温25℃。熱い!水温25℃。冷たい!コレナンデ??

 

デメリット

ウエットスーツに比べて動きづらいです。

先にも少しお話したとおり、気をつけて動かないと首や手首から浸水します。

そして、使い方もウエットスーツよりもやや複雑。

複雑と言ってもそう難しいわけでは無いのですが、ウエットスーツはそもそも使い方もなにもありませんでしたよね笑

さらに、ウエットスーツよりも取り扱いに注意が必要です。

使い方と取り扱いの注意については、改めての機会にご紹介しますね!

 

ドライスーツの種類

大きく分けて2つの種類があります。

クロロプレン

249317_151734891571826_6419663_n
株式会社モビーディックfacebookページより

スーツ自体にも保温性があり、モコモコとインナーを着る必要がありません。
※とはいえ水温によっては結構着込みますが。

一方で、どうしてもウエットスーツよりも動きづらいことも特徴です。

シェル

284335_155141551231160_3723228_n
株式会社モビーディックfacebookページより

スーツ自体に保温性が全く無く、ちゃんとインナーを着込まないとウエットスーツよりも寒いです。

一方で、たっぷりとインナーを着込むことができるので、水温に応じて柔軟に対応できるというメリットがあります。

そして、クロロプレンよりも動きやすいということもメリットのひとつです。

 

どっちが良いか、といえば好みが大きいですが、日本ではクロロプレンが主流です。

というのも、デザインが豊富なことが大きな理由のひとつです。

実は、シェルドライのほうが製造に大規模な施設が必要で、日本に馴染まなかったというメーカー側の理由もあるのですが…笑

 

ウエットスーツよりも高価なので、なかなか手が届きづらいかもしれませんが、レンタルでも良いので一度は着てみることをおすすめしますよ!

なぜなら…

【まとめ】冬のダイビング!!メリットをまとめてみた!!

をご覧ください!(笑)

 


Bookmark the permalink.