岩手県内に新ダイビングスポットオープン!!

岩手県田野畑村の机浜番屋群、みなさんはご存知ですか??

僕は知りませんでした^^;

海岸から100メートルほど離れた24棟の木造番屋。三陸大津波(昭和8年3月3日)後に建て直され、1戸の幅は標準で約6メートル、奥行きは約3メートル。余った住宅建材等で建てられ、漁の拠点として作業場や漁具置き場、土間などの居住空間がありました。昭和50年代頃までは多くの漁師が寝泊りし、出漁の準備や養殖ワカメの出荷作業に当たったといわれます。漁港や道路が整備されてからは、車で漁具の運搬が可能になり、次第にその機能も失われつつありましたが、村外から「まさに漁村の原風景だ」と絶賛の声が寄せられたことから、再評価や保存への機運が高まり、平成18年には「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財百選」に選ばれました。
その後、住民と観光客との交流拠点として賑わっていましたが、平成23年3月11日のあの日、東日本大震災による大津波によって、一瞬のうちに跡形もなく流されてしまいました。
岩手県田野畑村HPより>

その後、平成26年に再び復旧され、震災以前同様、漁業と観光の融合した施設として活用されているのだそうです。

そして、その机浜番屋群の中に”海体験番屋”としてダイビング施設が来週OPENします!

既に2015年から一部の登録店舗向けにプレオープンしていましたが、2017年春から本格オープンするのだとか!

 

どんな施設?

1505031407489uer
たのはたダイビングサービスより画像引用

150503140830fjbu
たのはたダイビングサービスより画像引用

150503140909dyzs
たのはたダイビングサービスより画像引用

メッチャきれい…

さすがは北国、休憩スペースには暖炉も完備で、これは期待大ですね!!

 

どんな海?

150517135638bsnc
たのはたダイビングサービスより画像引用

150517134711zwzz
たのはたダイビングサービスより画像引用

北の海ってどうなんだろーう、ってもちろんカラフルな熱帯魚は居ないわけですが、この地層は大迫力ですね!!

水中でこの様な光景が見られる場所は珍しいんですよー!

まだプレオープン中のため情報が少ないので何ともいえませんが、北の海ということで、こんなかわいらしい生物に逢えることも期待したいですね!!

photo_exhibition2
クチバシカジカ
北海道大学北方生物圏フィールド科学センター臼尻研究所HPより画像引用

img_5
ナメダンゴ
いわきのひみつ基地日記より画像引用

atumori_uo
アツモリウオ
さかな まにあより画像引用

 

潜って来たレポ…はそのうち…笑

 


Bookmark the permalink.