【新歓】Instagramの本当のメリットとは!?

Instagram_Icon_Large

もはや大学生が利用するSNSの中心と言っても過言では無いかもしれませんね。

ダイビングサークルでもアカウントを準備するサークルが増えてきているような気がします。

Instagramの使い方に関してはこちらの記事をご覧頂くとして…

【新歓対策】Instagramの使い方まとめ

 

welcome_reserch_2

最注力はどこにすべき!?データで見る新歓

でご紹介したこちらのグラフ。

あれっ?

Instagramは最下位??

ってことは必要ない??

 

と早合点する前に、少しだけ考えてみましょう。

 

Instagramの特徴

最近はInstagram発信で有名になる人も増えてきています。

GENKINGだったりピコ太郎だったり…

個人的にはPPAPよりも、カナブンブーンでもエビインビーンがツボなのですが(笑)

 

話がそれました。

彼らはInstagramから人気に火がついたと言われていますが、ちょっと待ってください。

インスタに、シェアやリツイートの様なボタンってありましたっけ??

 

もちろん『リグラム』と呼ばれる行動はありますが、それって他のアプリを使わない、ですよね。

一定数リグラムを行う人はいると思いますが、割合としては少ないものと思います。

 

ではどのようにインスタ内で情報が伝播していくのでしょう?

 

顕在ニーズに強いインスタ

おそらくGENKINGなんかはこちら。

『知りたい』『興味がある』そんな思いにインスタはめっぽう強いと感じています。

スキマ時間にインスタをあける。

友達の投稿で、なんとなく気になるハッシュタグをクリックする。

面白い写真を見つける

といった感じです。

 

他にも、ファッションやネイルなんかは、わざわざ検索する場合もあるでしょう。

 

ダイビングで言うなら、そもそも海が好き、ダイビングに興味がある、と言った人に情報を届けるのであれば、インスタはめっぽう強いと思います。

 

が…

こと新歓を考えると、そんな新入生ってどれだけいるのでしょう…

 

大学入学時点で『ダイビングがやりたい!』強く思っている子は、残念ながら少数派ですよね^^;

ということは、ダイビングなんか考えてもいなかった子たちの目に触れ、ダイビングサークルの存在を知ってもらうことが重要。

んー、やっぱり新歓にインスタは不要??

 

SNS連携

拡散の第1歩はこっちだと思います。

 

Twitterやfacebookを眺めていると、やたらとハッシュタグのついた投稿を見てみたら、インスタの投稿だった、ということがありますよね。

 

インスタの投稿が他のSNSでバズった場合、情報を受け取った側は『Twitterの情報』という認識となるでしょう。

それが、先ほど挙げたグラフの結果かなと思います。

一方、ピコ太郎など、めちゃくちゃバズった場合、それが紹介されるときには元々の投稿、インスタの方が紹介されますよね。

これが、インスタ発信の有名人、ということになるんだと思います。

 

【結論】インスタ、必要?

注力度

Twitterやビラ配りほどではありませんが、2,3日に1回投稿するぐらいであれば、そんなに手間にならないと思うので、やってみてはどうでしょう??

ねらいとしては、Twitterやビラを見た新入生がインスタアカウントの存在を知り、見に来る、という行動です。

やっぱり写真を見てもらうにはインスタが最適ですからね!

 

他の活用法

ビラ配りや新歓当日など、新入生にダイビングの魅力を伝える時、写真を見せたいですよね。

そんなタイミングに備えて、スマホにこれまでの写真を入れておこう…

と思ったら探すのが結構面倒、なんてことありますよね!(笑)

 

そんな時に活躍するのがインスタ。

自分のスマホに写真を保存しなくても、自分のサークルのアカウントを開けば、ギャラリーの様に写真がたくさん。

 

実は、この使い方が1番現実的かつメリットが大きいかなーなんて思っています!

ギャラリーとしての使い方を念頭に置きながら、あわよくば、的な感じで活用してみてはいかがでしょうか!?

 


Bookmark the permalink.