Apple純正iPhoneハウジング誕生か!?

デジカメを使って水中写真を撮影している人も多いと思いますが、iPhoneを使えば海からあがってすぐにインスタにもアップできるのになーなんて思ったことはありませんか??

既に

こんなものや

こんなもの

が発売されているので、利用している人もいるかもしれませんね!

 

ただ、これらのiPhone用ハウジングのデメリットとして

  • 起動しっぱなしにしなければならないので、電池がすぐなくなる
  • 撮影ボタンしか押せないので、ちょっと他の操作をしたくても出来ない

といった点が挙げられます。

 

この度、そんな不便を解消してくれるかもしれないニュースが入ってきました!

 

なんと、Apple社自身がハウジングを開発している!かもしれない、というニュースです!

 

Apple社が出願している特許を紹介する

Patently Apple

によると

米国時間2017年3月23日、密閉型iPhoneケースの特許出願情報を米国特許商標庁が公開した

とのことです。

 

ということで、米国特許商標庁、United States Patent and Trademark Officeから大元の情報を探そうと思ったのですが見つからず…

ここからはPatently Appleの情報が正しいものであるということを前提にご紹介します!

 

なんでも今回申請された特許技術では、ケース自体もひとつの機械となる様で

  • 高い密閉性
  • ケース越しのiPhone操作
  • 密閉が不十分な場合の警告

などを可能にするのだとか!

Patently Appleより画像引用

防水や耐圧に関することには言及されていない様なので、ダイビングで使えるのかどうかは定かではありませんが、もしもこれがダイビングで使用するハウジングになるのであれば

  • iPhoneで写真撮影
  • iPhone自体がダイブコンピューターに

といったことが期待できそうですね!

 

まだまだ特許申請の段階なので、果たして商品開発まで進むのかは不明ですが、将来的にはダイビングの世界もiPhoneが席巻する時が来るかもしれませんね!

 


Bookmark the permalink.