タンク1本で何分ぐらい潜るの?

14376953882_9ca70feeda_z

海岸でダイビングの準備をしている時や海から上がってきたとき、ノンダイバーの観光客の方などから聞かれるので最も多い質問です。

きっと

そんなに大きくないタンクなのに…

という感覚があるのでしょうが、タンクの中は200気圧。

通常の200倍に濃縮された空気(酸素では無いですよ!)が詰まっているので、長い時間潜っていられるわけですね。

 

潜る水深、呼吸量の個人差もあって、うんぬんかんぬん…

と懇切丁寧に説明している姿を見かけますが、ざっくり行きましょうざっくり!(笑)

40分前後

です!

 

タンクの空気が減るスピードに影響を与える要素としては

  • 水深
    深ければ深いほど減ります。
  • 運動量
    強く動くと呼吸数が増えますよね。
  • 経験
    初心者のうちは緊張から呼吸が増えてしまうほか、浮力の調整に無駄な空気を使ってしまいがちです。
  • 水温
    寒いと呼吸数が増えるんですね。

などが挙げられます。

上記の要素から、短くて30分未満、長いと60分以上潜る場合もありますが概ね40分前後が平均的と言えると思いますよ!

 

A型の自分としてはちゃんと説明したい!

というあなたにはこちら!

自分の空気消費量、知ってますか!?

過去のログブックから自分がどれぐらい呼吸するのか、を知ったうえで

“この”潜り方をすれば、自分なら”これぐらい”潜って居られる

と言い切ることが出来る様になりますよ!

 


Bookmark the permalink.