中性浮力が苦手な原因は浮力コントロールとは関係ない!?

水中をまるで無重力かの様に優雅に動き回る…

全ダイバーの目指す姿ですよね!

 

一方で、講習で一番苦労するのもこの中性浮力では無いでしょうか?

 

中性浮力をマスターするためには、まず、浮力の仕組みを理解することが重要です。

浮力の仕組みを理解すればダイビングが上手になる!?

 

同じ水深であればこれだけで良いのですが、ダイビング中は当然水深が変化します。

その変化に対応するためには、水深と圧力、浮力の関係を理解することが必要です。

水深と圧力の関係

圧力と体積の関係

 

これを理解した上で、まずは適正ウエイトの調整。

大半の人はオーバーウエイト!?適正ウエイトの調整方法とは!?

 

そして、BC+肺で浮力をコントロールする感覚をつかむために、フィンピポットで練習をします。

【スキル解説】フィンピポット

 

ここまでは多くの人がスムーズに行くんですよね。

 

で、いざ実際に水中を動き始めると

 

全っ然うまく行かない!

 

沈むと思ってBC給気したら今度は浮いて行くし…

浮くと思ってBC排気したら今度は這いつくばっちゃうし…

 

なんで!?

ウエイトも適性、フィンピポットも完璧、BC操作だって問題ナシなのに…

 

それ、BC関係ないんです!

 

なぜそんなことが言えるのか、お教えしたいと思います。

 

最大の敵は立ち泳ぎ

そもそも浮力のコントロール自体がまだまだよくわかっていない場合は別です。

それをマスターしているのになかなかうまく行かない人は自分の泳ぐ姿勢を見直してみましょう。

正しい姿勢はもちろん水平姿勢。

テキストにも書いてあるので当たり前なのですが、初心者のうちは案外難しいものです。

 

必死にインストラクターについて行かなきゃという気持ちも働いて、前を見ようと上半身が起き気味=立ち泳ぎ君になってしまうんですね。

 

立ち泳ぎ気味になってしまうとどんなことが起きるのか…

下のダイバーの様に水平姿勢で泳いでいれば、フィンキックの力は水平に伝わります。

一方、上のダイバーの様に頭が上がった状態で泳いでしまうと、フィンキックの力が斜めに伝わってしまいます。

 

すると…

 

フィンキックの力に、身体を前では無く上に運ぶ力が出来る

身体が少し浮く

BC内部の空気が少し膨張する

完全に身体が浮き始める

BC排気する

空気足りない

BC給気する

中性浮力になる

フィンキックの角度がおかしい

また浮く…

という負の連鎖が起きてしまいます。

 

これを防ぐために、思っているよりも少しだけ頭を下げ気味で泳いでみましょう!

これだけできっと、中性浮力が安定しないということを防ぐことができますよ!

 

平泳ぎが出来る!という方であればあおり足もおすすめ!

正しく出来ていないと全く進まないフィンキックになってしまいますが、正しくあおり足が出来れば、通常のフィンキックよりも水中でのバランスを安定させやすく、おすすめですよ!

以下の動画の終盤に、あおり足も入れてあるので、見てみて下さいねー!


Bookmark the permalink.