おでこにマスクはかっこわるい!?

今日も楽しかったね~

ねー!

男性諸君、マスク以外に目が行きすぎです。

ダイビング時は保護のためにもウエットスーツを着用しましょう。

(笑)

 

さて、よく見るこんな光景。

もちろんマスクは水から完全に上がって外して欲しいものです。

そして、その外し方ひとつとってもひと目でデキるダイバーかどうか見分けがついてしまうんです!

 

もちろん画像はカッコ悪い例。

でも、多くの人が無意識にこうしているのでは無いでしょうか??

 

水泳のゴーグルやサングラス、老眼のオジサンのメガネまで、顔につける者はおでこに乗せる傾向がありますよね。

まぁサングラスはこんな外し方もありますが…(笑)

権利の関係上、掲載できるのはこの画像ぐらいです…
右側の人に注目(笑)

もしかすると今の皆さんの世代だとChemistryなんて知らないかもしれませんね…
一世を風靡したんです。
『川畑 要 サングラス』とググってみて下さい(笑)

ついついダイビングのマスクもおでこに乗せがちですが、実はこれってカッコ悪いんです。

 

レスキューダイバー以上のライセンスをお持ちの方はお気づきかもしれません。

 

そう。

 

おでこにマスクはパニックダイバーの典型的なサイン。

水面でマスクにおでこに乗せてしまうと(水面ではマスクを外さないのが原則ですが)

海外ではパニックダイバーと勘違いされてしまうことも!?

 

デキるダイバーはこうします。

あれっ!?

(笑)

 

サングラスだとそれはそれは個性的なかけ方ですが、ダイバーの場合はこれが正解。

 

こうして見てみると、おでこにマスクは初心者っぽく

首にマスクは上級者っぽく見えませんか!?

 

陸上でマスクがおでこに乗っているからといってパニックダイバーだと思われることは無いと思います。

ですが、陸上にいる時から首にかけるクセをつけることで

おっあのダイバー、わかってるな

と思ってもらうことが出来ますよ♪

 

ちなみに…

こんなかけ方もあります。

テクニカルダイビングを行う方や、その理由を知っている方々は、こうかける傾向がありますね。

おでこにマスク本体があった場合、手や波がマスクに当たると簡単に落ちてしまいます。

マスク本体を後頭部に回すことで、マスクを落としてしまう可能性を最大限減らしているわけですね。

 

おでこ→初心者

首→上級者

後ろ向き→ベテラン

といったところでしょうか?(笑)

 

みなさんも、こんな細かいところですが、デキるダイバーを目指してみて下さいね♪


Bookmark the permalink.