【2017年版】迷ったらコレ!定番マスク7選+2

どれも値の張るダイビング器材。

それでも比較的安価なこともあり、最初のMy器材としてマスクの購入を検討している人も多いのではないでしょうか?

 

また、軽器材は1年生の時にみんなと同じものを揃えたけど、マスクを買い替えたい、という上級生も多いのでは??

 

マスクの選び方としては、どこの指導団体のテキストにも

ピッタリフィットするものを選びましょう。

ストラップをかけずにマスクを顔に当て、鼻から息を吸ったときに落ちないマスクがフィットしているマスクです。

といったような説明がされています。

 

まぁ。。。

その通りなんですが。。。

最近のマスクは、ほぼほぼ大丈夫です!(笑)

 

特に、日本発祥のダイビングメーカーであれば、なおさら、フィットしないマスクを探す方が大変かもしれません。

 

ということで、今回は、マスク選びに困ったあなたに贈る、定番マスクをご紹介したいと思います!

困ったらこの中から選んでおけば、まず間違いないと思いますよ!

 

あくまで”だいがく編集部”による独断と偏見も多分に含まれますので、ご了承を!

 

定番マスク7選

GULL MANTIS LV

定価:19,440円

カラーバリエーション:13種類

定番中の定番、インストラクターの使用率No.1と言っても過言では無いマスク!

サイズはやや大きめな印象ですが、抜群のフィット感で大きさはあまり気になりません!

 

GULL VADER

定価:19,440円

カラーバリエーション:10種類

MANTIS LVの一眼レンズバージョンと思ってもらえばOK!

こちらもド定番です。

一眼と二眼に関して、一眼の方がやや視野が広く感じます。

一方で、二眼だと視野が狭く感じるという訳では無いので、見た目の好みで選んでもOKだと思いますよ!

 

GULL VADER fanette

GULLより画像引用

定価:20,520円

カラーバリエーション:8種類

やや大きめだと言われていたVADERを女性向けにカスタマイズした2017年新商品!

サイズを小型化しただけでなく、マスクのスカートが頬骨を覆う様に改良されたことによって、ほうれい線付近からの浸水を防いでいるそうです。

比較的女性の方が、ほうれい線の溝はできやすいものですが、ほうれい線の溝ができやすい男性や、顔の小さい男性にもおススメですね!

 

Apollo バイオメタルマスク

定価:21,600円

カラーバリエーション:9種類

GULLのVADERなどに比べると、圧倒的に小さく感じるこのマスク。

フィット感ももちろん抜群なことと、金属フレームなので耐久性も◎です。

筆者も以前使用していたこのマスク、間違いなく、太鼓判を押せる一品です!

ただし、筆者はどうしても、角ばった鼻の形が気になってしまい(見た目的に)、次の商品に乗り換えました…

そこだけ気にならなければ、個人的には最もおススメです!

 

TUSA Freedom Ceos

TUSAより画像引用

定価:16,200円

カラーバリエーション:19種類

筆者がバイオメタルから乗り換え、以来3個連続で使っているこのマスク。

シンプルイズベストなデザインと、圧倒的な柔らかいスカートで抜群のフィット感です。

一方で、その柔らかいスカートのせいで、耐久性にやや劣るのは否めません。

とはいっても、年間数百本というペースで使用しても数年間は使用できるので、あまり気にしなくても問題無いかとは思います!

全マスク中最多のカラーバリエーションと、インナーフレームをカスタマイズすることが可能で、オリジナルの1つを作ることが出来る点も、隠れた魅力です!

 

TUSA Tina

TUSAより画像引用

定価:16,200円

カラーバリエーション:10種類

女性向けのマスクで、フレームに配置されたラインストーンのように輝くクリスタルカット加工がオシャレ。

マスク内容量が若干大きく、全水没するとマスククリアが若干大変ですが、講習でなければ全水没の機会はあまりないので、問題ないかと思います!

まぁ、そもそもマスククリアがバッチリなら、問題無いんですけどね!

 

AQUALUNG ヴァリオマスク

AQUALUNGより画像引用

定価:12,960円

カラーバリエーション:9種類

スタンダードなフォルムですが、独特なデザインが海で注目されること間違いなし!

定価が最も安価なところも注目ですね!

正直、AQUALUNGのマスクはフィット感に若干難ありだと個人的には感じていましたが、2016年に発売されたこのヴァリオは、フィット感も全く問題ありませんでしたよ!

 

個性派マスク2選

ここからは、ちょっと気になるマスクを2つご紹介。

 

AQUALUNG Vマスク

AQUALUNGより画像引用

定価:4,644円

カラーバリエーション:1種類

いわゆる丸面、漁師マスク、です(笑)

しかし、圧倒的な視野と、表情がはっきりと読み取れることから、現地ガイドには根強い人気ですね!

最終的には全員丸面に行きつく、なんて声も…

コスパも圧倒的です(笑)

鼻をつまむ部分がありませんが、鼻に当たる部分が摩擦のある素材になっており、スカートを人差し指の背で鼻に押し当てて鼻の穴をふさぎ、耳抜きを行います。

マスククリアも圧倒的に大変なので、完全に、上級者向けマスクですね(笑)

 

Cressi F1 FRAMELESS MASK

Cressiより画像引用

定価:10,800円

カラーバリエーション:9種類

普通カラーバリエーションといえばフレームの色で、スカートの色と言えば黒、白、透明、頑張ってネイビーなわけですよ。

そんな常識を打ち破るこのマスク。

9色全てがスカートまでフレームと同色。

今のところ筆者は海でまだ見たことはありません。

是非!

是非!お試しを!!(笑)

 


今回ご紹介したマスクは全て、筆者が使用したことのあるものか、試着をしたことがあるものなので、平均的な日本人男性であれば、フィット感は問題無いことと思います。

筆者の骨格が平均的な日本人男性であることを祈るばかりですが…(笑)

 

とはいえ1度試着をしてフィット感や視野を比較してみてからの購入がベターですね!

 


Bookmark the permalink.