みなさん。。

「一度は宇宙へ行ってみたい!!」

「宇宙飛行士になってみたい!!」

そんな夢を抱いたことがあるのではないでしょうか??
CkNddlCWUAAXMxa
https://twitter.com/NASAより写真引用

ダイバーの皆さんは、ノンダイバーの方より、
1歩だけ宇宙飛行士に近い存在かもしれません。。笑

 


かつてNASA(the National Aeronautics and Space Administration)でおこなわれていた、
有人宇宙飛行計画であるスペースシャトル計画(※2011年に終了)の、
擬似訓練として、水中訓練が行われていました。(NASA極限環境ミッション運用(NEEMO))

水深約20メートルの海底に設置した「アクエリアス」という閉鎖施設内で2週間にわたり生活し、
チームワークや自己管理能力など、
国際宇宙ステーション等での長期宇宙滞在に向けての能力を修得するものなのだそうです。

スクリーンショット 2016-06-07 12.30.28
Screenshot from NEEMO 14 – a set on Flickr

 

ご覧ください♪
上記の画像にて訓練している方の多くは、NASAの宇宙飛行士の方々。
実際に上記画像をClickして頂くとよりわかるのですが、
サポートダイバーの方も沢山いらっしゃいますね〜!!

ちなみにですが、
日本が生んだ名作マンガ、"宇宙兄弟"の16巻~17巻では、
NASAの海底訓練の様子が描かれております。
興味がある方はぜひ、ごらんくださいね♪

 

ということで、宇宙飛行士になる方々は、
Cカードの取得が必須!!
私たちと同じトレーニングを受けていたということになります。
※少なくとも20m以深での訓練のようですから、アドバンスレベルまで取得しているのかな。。??

 


名称未設定

世界でも多くのシェアを占めている、
スクーバダイビング指導団体のNAUI(National Asosiations of Underwater Instractors)

NASAのアメリカ合衆国テキサス州ヒューストンにある、
ジョンソン宇宙センター中性浮力実験室に選ばれており、
NASAの宇宙飛行士は皆、ここで無重力訓練や実験を行ってから
実際の宇宙に飛び立つのだそうです。

 


 

ダイビングが好きな理由の一つとして、
「浮遊感」
を挙げる方も少なくないはず。

その地球上で体感できる浮遊感は、宇宙飛行士にとってとても重要な経験であり、
今後の人類の発展に大きく寄与しているんですね♪

ん〜!!夢が広がりますね!!

※参考
・NASA公式HP
-https://www.nasa.gov/
・NAUI公式HP
-http://www.naui.co.jp/
・NASA公式Twitter




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事