真面目なお話!!笑

ダイバーのみなさんなら、1度や2度

「ダイビング中におしっこがしたくなっちゃった!!」

そんな経験をしたことがある人が沢山いらっしゃるでしょう。

ちなみに、
Twitterのアンケート機能を使い、
皆さんにお伺いしてみたところ、

ご覧の通り。笑

 

アイドルの方は置いておいて笑
多くの方は、「ダイビング中におしっこをしたくなったことがある」ようですね。

ダイビング中におしっこをしないように、
できるだけ水分補給を控えた方が良い。

こんな問題を目にしたことがある人もいるのでは??

もちろん答えは"×"ですよね??
(◯だと思った貴方はエントリーレベルからやり直し!笑)

減圧症を予防するためには、充分な水分補給が重要とされており、
また、熱帯地域等暑い場所でのダイビングを行う場合は、
熱中症や脱水症状を防ぐためにも水分補給はとても重要となります。

また、脱水症状は減圧症の要因にもなるので要注意ですね。
※参考→【安全管理】減圧症とは?
※参考→【安全管理】減圧症の仕組み

そのため、おしっこがしたくならないように水分補給をしない。
というのは良くないんですよね〜。。

では、なぜダイビング中におしっこがしたくなるのでしょうか??

 

要因⑴

暑い時に汗がでるというのは当たり前のことですが、
「暑い」と感じていない時でも、少しずつですが、いつも汗がでています。

汗がでているということは、
体の中から水分が少しずつでているということですよね。
ですから、人間の体は汗が沢山でている時はおしっこをする回数を減らして、
体からあまり水分が出て行かないよう調節をしているのです。

真夏のダイビングを想像してください。
14051341289_527d83a41f_z

陸上よりも水中の方が涼しいですよね〜!!
水中に入ると自然と汗の出方が少なくなります。

ダイビング中は必然的に汗の出方が少なくなるので、
体が「捨てたい」と思っている水分は全ておしっことなるのです。

だから、ダイビング中におしっこをしたくなることが多いんですね!!

 

要因⑵

おしっこをしたくなってしまう要因がもう1つあります。

水中は空気中の何倍の速さで熱を奪っていくでしょうか??

・・・

そう、答えは「25倍」ですよね??
(なんのこっちゃわからないという方はこれもエントリーレベルからやり直し!笑)

一説によると、ダイビングを行っていくと、
その時の水温にもよりますが、33度程度で身体の表面温度が維持されるとも言われています。

何が言いたいかというと、
潜っていくうちに、徐々に寒さを感じていくんですね。

人間は寒さを感じると、
おしっこをためている膀胱の筋肉が寒さで縮んでいきます。
膀胱の筋肉が縮むと、脳に「おしっこがしたいよ!!」という合図が送られるんですね。

 

対策

我慢は禁物!!

特に女性の方は、膀胱炎になりやすいので、
トイレに行きたい旨(体調がすぐれない旨)をバディやガイドに伝えて、
みんなでエキジットをしましょう。

もしくは、その場でしてしまうか。。
(ただ、こちらも一説によるとですが、我慢せずにしてしまうと、
体内の水分が減ってしまい、脱水症状の恐れもあるんだとか。
エキジット後にまた充分な水分補給をすれば特に問題はないようですが!!)

ちなみにご経験がある方はわかるかとは思いますが、
水中でおしっこすると、その分一瞬は暖まります。
しかし、当然おしっことして熱も持って行かれるため余計寒くなるので要注意を!!

 

予防

充分な水分補給を摂りつつ、なおかつおしっこをしたくならないようにするためには。。。

補給をする時の水分は、
カフェイン等の利尿作用が含まれていない水分で摂取する。
体内の体液に近いスポーツドリンク等がベスト。

なのではないでしょうか。

↓↓医療用でも使われる経口補水液↓↓

 

何はともあれ、無理は禁物!!

陸上でも水中でも何かストレスに感じることがあれば、
すぐに近くのインストラクターやガイドに伝えてくださいね!!


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事