ダイバーなら水中を無重力かの様に、自由に動き回りたいですよね!

それを実現するのは中性浮力。

浮きも沈みもしない状態ですね!

今回は、そんな中性浮力の基礎中の基礎を練習するためのスキルをご紹介します。

 

どんな時に使うの?

 

スキル自体を活用する瞬間はあまりありませんが、中性浮力の基礎練習と思ってください。

一口に練習すると言っても、正しい中性浮力の状態を理解できないことには練習になりませんからね!

なんだか上手く中性浮力が取れないなーと思ったら、一度フィンピポットをやってみることもおススメです!

 

完成像

フィンピポットは完成像をイメージすることが重要です。

冒頭で中性浮力=浮きも沈みもしない、と言いましたが、実は半分正解、半分間違いです。

 

正しい中性浮力の状態とは

呼吸によって浮きも沈みも出来る状態

です。

 

息を吸うと肺に空気が入りますよね?

その空気で少しだけ浮く。

息を吐くと肺の空気が無くなりますよね?

したがって身体は沈む。

そんな状態です。

 

正しいフィンピポットが完成すると、フィン先だけが地面に接した状態で、呼吸に応じて身体が上下します。

フィン先を支点にした「ちょうつがい」の様なイメージです!

 

やり方は?

  • まずは一度BC内部の空気を全て排気しましょう。
  • 地面にうつぶせになります。
  • 足はまっすぐ延ばします。
  • 安定させるために「きをつけ」ではなく、足を左右に開きましょう。
  • 呼吸はいつも以上に大きくゆっくりと。
  • 息を吐き切った時、BCに少しだけ給気します。
  • 息を吸ってみます。
  • 何も起きなければBCの空気が足りません。再び息を吐き切った後に給気しましょう。
  • 何度か給気を繰り返すと、息を吸った時に身体が浮いてきます。
  • 慌てずに息を吐けば身体が沈みます。

キーポイント

  • 足はしっかりと延ばしましょう。フィン先を地面につけることを意識して、ほんの少しだけ力を入れると良いでしょう。
  • 給気は必ず息を吐き切った時に行います。吸った状態で給気してしまうと、BC内部の空気が不足しがちになってしまいます。
  • 呼吸はいつも以上に大きくゆっくりと行うことを意識しましょう。
  • 吸ってから身体が浮くまで、吐いてから身体が沈むまでには少しだけ時間差があります。
  • 地面を手で押して、完成しているかの様に見せるのはNGですよ!

うまく出来ない場合は?

  • どうしても足が浮いてしまう場合
    フィン先ではなくヒザを支点にする、ヒザピポットでも良いでしょう。
  • 地面から完全に浮いて行ってしまった場合
    まずは大きく息を吐き、それでも沈まない場合には、落ち着いてBCを排気し、最初からやり直しましょう。

 

中性浮力はダイビングを楽しむうえで最重要のスキル。

一方で最も難しいスキルでもありますが、根気よくチャレンジしましょう!

 

また、このスキルはイメージトレーニングも非常に有効ですよ!

 

スキル動画




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事