体験ダイビングや、エントリーレベルの講習中に、

「何もしてないのにマスクに水が入っちゃうんです。。泣」

というお声をよく耳にします。

マスクに水が入ってしまうと、
それ自体がストレスになってしまいますし、
鼻から水を飲んでしまう要因にもなりかねません。

ダイビング自体が全く楽しめなくなっちゃいますよね。。

「マスクが緩いんじゃないか??」

そう思って、マスクをきつくしてしまう方もいらっしゃるのでは??

 

でも実は、きつすぎると逆に水が入ってしまう要因になってしまったり。。。

今回は、そのマスクに水が入ってしまう「要因と対策」についてまとめてみました!!

マスクストラップがキツ過ぎる


14355283586_58bf0f2f81_k-1024x683

「ストラップ(マスクのゴムバンドの部分)が緩いから水が入る」

そう思ってる方がほとんどなのではないでしょうか??
なので、必要以上にストラップをキツくしてしまう。

これ実は、逆効果なんです。

ストラップをキツくしてしまうと、
顔にシワができたままマスクがつけられ、
そのシワの隙間から水が入ってしまうことがあります。

 

<<対策>>
マスクのサイズは「ちょっとゆるいかな?」と思うくらいが丁度良いのです。
初心者の方は特に、ストラップを緩めるということは勇気がいるかもしれませんが、
試行錯誤をしながら、ストラップの調整をしてみてください。

少し緩いくらいでも、
水圧がかかるので、ダイビング中は顔にフィットしてくれますよ♪

キツすぎるマスクは、キツネ目になってしまい、
水中美人になれなくなっちゃいますよー!!笑
※参考:【女子ダイバー必見!!】目指せ、水中美人♪

 

鼻呼吸をし過ぎてしまっている

14001864989_f76480a6b5_k

ダイビングでは、口呼吸が基本になります。

ですが普段の生活では鼻呼吸もするので、
最初はどうしてもダイビング中に鼻呼吸をしようとしてしまいがちですよね。。

鼻息が頻繁に出ていると、マスクの中に空気がたまって、
マスク本体が持ち上がるように上側にズレていってしまいます。

マスクが上にずれてしまっていると、
いくらマスククリアをしても少量の水がマスク内に残ってしまうんですね。。

 

<<対策>>
口呼吸を意識しましょう。
どうしても鼻息が出てしまうという方は、
最初のうちは鼻をつまみながら練習をしてみましょう。

鼻をつまんでいれば、
鼻から水を飲んでしまうという恐怖感もなくなるので一石二鳥ですね♪

 

日焼け止めや化粧

14185166221_b4a2747070_k-1024x683

マスクに水が入ってしまう方、
筆者の感覚ですが、女性の方が多いです。

この感覚の裏付けとして、
日焼け止めを塗りすぎていたり、お化粧が入念であったりすると、
マスクが顔の表面でツルツル滑ってしまって、
マスクがズレてしまう要因の1つとなりかねません。

日焼け止めとお化粧のコラボレーションだと尚更です。。

意外と男性は女性はお化粧をしない方が良いという意見を持ってる人も多いくらいです。笑
ダイビングの際は、ちょっとだけお化粧を控えてみるのもアリかもしれませんね!!

 

そもそもマスクが合わない

 

ほとんどのマスクはフリーサイズですが、
どうしてもご自身のお顔の形と、マスクの形状が合わない。
ということが決して無いわけではありません。

特にレンタルのマスクだと対処のしようがなく。。。

という意味では、My器材の購入にあたって、
まずはマスクの購入からスタートしてみる。
というのもアリかもしれませんね!!

※参考:【ダイビング器材】My器材は買わなきゃダメ?

 

とはいえ、

「マスクをつけたら、絶対に水が入らない!!」

ということは決してありません!!
マスクに水が入ってしまった時のスキル

"マスククリア"

はいつでも落ち着いてできるようになりましょう。

↓↓こちらもぜひ参考にしてみてくださいね♪↓↓
【スキル解説】マスククリア




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事