ライセンスを取得するのに必要な学科講習。

新しい話ばかりで意外と骨が折れるもの。

中でも、特に文系学生を苦しめるのは

『物理』

では無いでしょうか。
359839307b6f4ced3a53cfa06eaea0e3_s

 

物理とは高1の秋に縁を切りました

なんて声も…笑

 

音の速さ、光の屈折、比熱、浮力

ドルトン、ヘンリー、ボイル、シャルル、アルキメデス…

 

記憶の奥底に辛うじて残っているか残っていないか

そもそも埃まみれでそんな記憶は取り出したく無い

なんて方は多い事でしょう。

 


ダイビングを行う上で、どれも大事な知識であることは間違いありません。

敢えて今回は言い切ります!

この図だけは…この図だけは理解してください!!

他はもう丸暗記でもなんでも良いです!(笑)

chart

この図だけでダイビングのすべてが説明…は出来ませんが、以下の事が説明できます!

  • なんで耳が痛くなるの?
  • なんでBCの操作をしなくてはいけないの?
  • なんで空気消費のスピードがいつも違うの?

 

ダイビングのトラブルでよくあるもの、避けたいものと言えば

  • 耳抜き不良
  • 急浮上
  • エア切れ

ですが、これを全て回避することが出来るわけです。

 

仮に図の数字が水深以外空白になっていたとしても埋められますか??

埋められる自信が無い方は今すぐ、今すぐに以下の記事で復習しましょう!

水深と圧力の関係
14355309796_a6c289161c_k-200x150

圧力と体積の関係
14386113114_4cf076f5f4_k-224x150

圧力と密度の関係
14001864989_f76480a6b5_k-226x150




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事