ウデフリツノザヤウミウシ

その外見はどこからどう見ても(?)ピカチュウ。

本当の名前が長いということもあってか、本名で呼ぶ人はほとんどいません。

本家ピカチュウ同様、ウミウシの中でも抜群の人気を誇ります。

 

そんな大人気のウデフリツノザヤウミウシ、どこに居るかというと関東以南に幅広く生息しています。

一見南のウミウシの様ですが水温が高い時期には観察できないウミウシだと思っています。

水温で言うと15℃~20℃ぐらいの時期でしょうか。

水深で言うと水深20m前後。

水深10m前後という記述も見られますが、私の経験からいくと水深15m~20mに多いと思います。

そして、このウミウシはコケムシを食べて暮らしています。

なので、ひたすらコケムシを探しましょう!

3cd52f2e-s
わっしょい!たけし!より画像引用

写っているウミウシはミズタマウミウシで、ウデフリツノザヤウミウシと近い仲間。

そして、芝のように生えているのがコケムシです。

ちなみにこのコケムシ、植物の様にも見えますが、外肛動物という動物です。

しかもどこからどこまでが1匹って、体長1 mm にも満たない個虫が集まった群体なんです!

コケムシではなくてウデフリツノザヤウミウシの話でしたね(笑)

水深、水温、食性、と見てきましたが、その鮮やかな黄色は水中でもかなり目立つので、比較的見つけやすいウミウシだと思いますよ!

 

↓↓↓少しでも良いと思ったら、「Like」をClick!!↓↓↓[socialBtns]


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事