みなさん、初詣には行きますか??

 

ついつい疎かにしてしまいがちな初詣ですが、ダイバーとしてはしっかりと水難除けの祈願をしておきたいですよね。

ついでに潜りながら…笑

 

そんな贅沢な願いを叶えてくれるダイビングスポットをご紹介したいと思います!

 

千葉県・波佐間

2

まるい鮮魚店より画像引用

jinjya2

まるい鮮魚店より画像引用

 

贅沢な願いを叶えてくれるスポット、と言ったものの、ちゃんとした水中神社があるのは日本で、いや世界でもここだけ!

ちゃんとした、というのは、ただ鳥居が置いてあるだけではない、ということです。

 

波佐間からほど近くに鎮座する洲崎神社。

この神社から分社という形で設置された、れっきとした神社なんです!

 

洲崎神社。それはもう無茶苦茶に由緒正しい神社です。

創建は神武天皇年間ということなので今から2500年以上も昔。

まぁそもそも神武天皇自体が神話的な要素が強いのでなんとも言えませんが、要は色んな歴史書に、既にあったもの、として出てくるわけですね。

その後、源頼朝にまつわる話や江戸城を築城した太田道灌にまつわる話、などなど、とにかく昔から広く信仰されていた様です。

 

御利益としては安産・航海安全・豊漁・五穀豊穣・厄除開運・交通安全ということで、きっちり航海安全も入っています。

 

西伊豆・大瀬崎

水中神社は世界でも波佐間だけ、と言ってしまいましたが、大瀬崎にも鳥居が水中に鳥居が鎮座しています。

なかなかいい雰囲気醸し出しています(笑)

通称『水神(すいじん)』なんて呼ばれています。

 

実は昨年(2016年秋)、この水神のすぐ脇に、新たな鳥居が…笑

 

この水神は、厳密には神社では無いものの、大瀬崎には大瀬神社もあるので、まずは大瀬神社で初詣をしつつ、水神にも手を合わせておく、というのが良いかもしれませんね!

 

紀伊半島・すさみ

関東ばかりで関西のダイバーは水中初詣出来ない??

そんなことはありません!

 

和歌山県のすさみは、水中からハガキを送ることが出来る海中ポストがあることで有名な場所。

ダイハツの自動車『キャスト』や明治のヨーグルト『LG21』 のCMに登場していたのを覚えている人もいるのでは??

https://www.youtube.com/watch?v=dRbP4_ydSS8

 

新年を迎えると、その海中ポストの目の前に鳥居が登場!

初詣することが出来ちゃうんです!

 

元日には届かないかもしれませんが、水中から年賀状を投函できちゃいますね!!

 

ところで初詣って??

今でこそ一般的な文化になっていますが、意外にも歴史は浅く、定着したのは明治時代中期と言われています。

一説には鉄道を普及するための策略だったという説や、明治政府が国家神道を普及させるために奨励したとも…

 

初詣の原型と言われる恵方詣も、江戸時代末期に始まったのだとか。

ちなみに2018年の恵方、南南東(丙)の方角だそうで、東京都心から見ると波佐間は真南、大阪市内から見るとすさみが真南にあたるので、東西都市圏のダイバーにとっては縁起の良い年なのかもしれませんね!(笑)

 

そんな比較的新しい文化なので、お寺or神社、適切な時間、時期、回数などなど様々な説が出回っていますが、あまり深く考えなくても良いみたいですよ!

巷で噂になっている『説』の中には、参拝先の神社やお寺に迷惑をかけてしまう様な物も存在するので、"普通に"参拝するのが良さそうですね。

 

1年の初めにしっかりと初詣をして、2018年も楽しく、安全に、たくさん潜れる様、祈願しておきたいものですね!

 


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事