今週のテーマ【珍しいハナダイ】

今週はハナダイの中でも簡単に見ることは出来ない種を中心に紹介してきました。

ハナダイというと、珍しい種はどうしても深場に生息をしていることが多く、簡単にはお目にかかれない上に、見れても一瞬だったりします。

 

伊豆大島や伊豆海洋公園では、ハナダイの美しさに憑りつかれたように深場に消えていくダイバーをよく見ます。

筆者も一時期ハナダイの美しさに惚れ込んだ時期がありました。

 

潜行していくと徐々に景色が暗くなっていき・・・

水もひんやりし、心が引き締まってきます。

 

その時にライトを付けると鮮やかに舞うハナダイの姿は1度見ると忘れられないでしょう!!

 

しかーし!

ダイビングのルールを守ることはもちろんですが、深く潜ることで減圧症やエア切れ等様々なリスクが増えてきます。

スキルはもちろん、正しい知識を身に着けて置くことが何より大事です!

なかなかライセンスを取っただけでは身に付かない減圧症の知識!

この機会に復習してみはいかがでしょうか?

     

    さて前回のハナダイ特集では、キンギョハナダイやサクラダイを中心にハナダイの繁殖戦略を見てきました。

     

    今回は大人気のスミレナガハナダイを主役に、ハナダイの性が変化する過程について見ていきましょう。

     

    スミレナガハナダイの生涯

    今回はサロンパスの愛称で親しまれるスミレナガハナダイの生涯を見ていきたいと思います。

     

    このスミレナガハナダイは英名ではMirror fairly bassletという名前。

    Mirror=鏡ですね。

    日本ではサロンパス、英語圏では鏡と、やはり腹部にある大きな模様が特徴のハナダイですね。

     

    生息地としては沖縄など暖かい海のドロップオフ、水深20~80mくらいに生息しているといわれています。

     

    なので初心者でも必ず見れるというわけではないですが・・・

    奄美大島では15mくらいでハーレムを見ることが出来ました。

     

    また幼魚は伊豆などにも季節来遊魚として流れてくることがあります。

     

    さて、スミレナガハナダイに関わらず、ハナダイの仲間は生まれたときはみんなメスで、性転換することは大丈夫ですよね??

    性転換する理由や詳しく知りたい方は、せいぶつ部のハナダイ①の記事を読み返してみてください!

     

    それでは各ステージごとのスミレナガハナダイを見てみましょう!

     

    3センチくらいの幼魚:大瀬崎

    まずは幼魚期ですね。

    このサイズの時はまだ全然、サロンパスの由来のお腹のマークもないですね。

    キンギョハナダイの群れに交じって身を隠したりしています。

     

    写真では伝わりづらいですが、キンギョハナダイよりも体色が黄色味がかっているので、ダイビング中に見ると意外と簡単に見分けが付きます。

     

    大人のメス:奄美大島

    次は完全に大人になったメスです。

    ハナダイは雌性成熟といって生まれたときは、みんなメスなので幼魚と色味なんかも似てますね。

    スミレナガハナダイはサイズの大きいハナダイなのでメスですが体長は10センチくらいありました。

     

    おなべちゃん:奄美大島

    よく話題になるおなべちゃんです。

    メスからオスへ性転換する途中の子ですが、奄美の現地のガイドによるとこの子は数年間おなべちゃんの状態で定着しているそうです。

    なかなかオスに踏み切れないんですね。

     

    体の色はまだメスで黄色味がかっていますが、お腹にサロンパスのマークが出てきていますし、何よりメスを追っかけまわしていました。

    きっと心の成長に体の成長が付いてきていないのかな?

    とか自分の思春期を思い出し

    人間は逆か?

    とか思いながら、見てしまう子ですね。

     

    オスの婚姻色:屋久島

    最後は立派なオスです。

    色も黄色ではなく赤ピンク色になります。

    体に模様が少し入っているのは婚姻色でメスにアピールをしている証拠です。

    これがスミレナガハナダイの最後のステージです。

    立派なオスだと、水中で見ると15センチくらいあるんじゃないかと思ってしまうほど、大きくなります。

     

    この性転換のドラマはすべてのハナダイで起こっています。

    キンギョハナダイなんかは浅くて観察もしやすいので幼魚、メス、オス、おなべちゃんと全部のステージを見てみるのも楽しいかもしれませんね!!

     

    それでは1週間の投稿を振り返っていきましょう!!

     

    深場に生息するハナダイたち

    【イトヒキコハクハナダイ】

    お待たせしました!
    海の宝石ハナダイのレアシリーズ!
    「筋違い」なんて呼ばれるイトヒキコハクはスジハナダイの親戚みたいなもの!
    体の赤いラインが真っ直ぐではなく途中で曲がっているのが特徴です!見つけた深度は39ⅿ!
    それでも浅いといわれる種ですね!#せいぶつ部

     

    【フタイロハナゴイ】

    オレンジと紫のツートンカラー!
    初めてフタイロハナゴイを見たときはミナミハナダイとの区別が付きませんでした。
    同じカラーリングは呼び寄せるのか同じエリアにいました。
    沖縄方面では結構普通にいますが、伊豆では季節来遊魚!やっぱり珍しい生物のひとつです!#せいぶつ部

     

    【マダラハナダイ】


    なんじゃこりゃ!!
    ハナダイ好きにはどうして見たい!
    普段は水深100~150mに生息していますが2012年に大瀬崎36ⅿに出たんです。
    知り合いのイントラさんに頼み込んで連れてもらいました!
    当時100本そこらの学生ダイバーを。無理言ってすいません。#せいぶつ部

     

    【アサヒハナゴイ】

    サクラダイのメスの中で異彩を放つアサヒハナゴイ!
    図鑑でしか見たことないこの種をマスク越しに捉えた瞬間の感動は今も忘れられません!!
    18~60ⅿに生息し、40m前後に小群れを作って生息する事が多いそうです!
    確かに1匹見つけると周りに3匹くらいいました!#せいぶつ部

     

    【スミレナガハナダイ】

    サロンパスの愛称で親しまれるスミレナガハナダイ!
    白い模様があるのはオスだけでメスは意外と普通の見た目なんですよ!
    南方種のイメージが強いですが幼魚は伊豆まで流れ着くこともありますね!
    まとめでは幼魚、メス、オス、オカマまで全部見せちゃいますよ!#せいぶつ部

     

    【オシャレハナダイ】

    どこがオシャレなんだろうか!?
    って思うかもしれませんがオシャレカクレエビを思い出して特に名前に意味はないんだなと納得(笑)
    暗がりを好む傾向があり、いつも暗がりにいます。
    他のハナダイと違って遊泳はせず、地面にベタっとしている姿はゴンベのよう!#せいぶつ部

     

    【ホカケハナダイ】

    よく辿り着いた!
    としか言いようのない満身創痍のボロボロ具合!
    もはや歴史の話みたいではありますが1999年頃、伊豆の海で突如現れ、しかも全くの新種ということでかなり話題になったようです!
    僕らもまだまだ新種を発見できる可能性はあるってことですね!#せいぶつ部

    せいぶつ部とは??

    ①Twitterにて1日1匹ダイビングで観察できる生物を紹介します。

    毎晩11時前後に140字の情報とともに1匹に焦点を当てて生物の情報を流していきます!

     

    ②毎週水曜日にTwitterの内容を記事にします!

    月~日曜までの1週間の投稿をまとめ追加の情報や違った角度から撮った写真、はたまた生物の探し方なんかもまとめて記事にしていきます!

    ③質問やもっと知りたいという方はTwitterに返信下さい!

    140字の情報では伝えきれない情報がたくさん・・・

    もっと知りたい方や自分の知ってることと違うなんかは質問頂ければ、月曜日の記事でご回答させて下さい!

    はたまた、自分の撮った写真や追加の情報を返信頂いても大丈夫です。

    1人だけでは作れないので皆さんドシドシ、コメントお待ちしております。

     

    この記事に登場した他の記事

    減圧症とは?

    減圧症の仕組み

    減圧症の仕組み詳細版-M値とハーフタイム

    減圧症の仕組み詳細版-コンパートメント

    【南国からの贈り物】季節来遊魚とは!?

    鮮やかに舞う!?せいぶつ部~ハナダイ~

     


    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事