ノンダイバーの方が最も間違えやすいダイビング用語。

それは

酸素ボンベ

では無いでしょうか。

 

もしダイバーでタンクの事を酸素ボンベと呼んでいたら…

めちゃくちゃ恥ずかしいので今すぐやめましょう!

 

もちろんタンクの中には空気が詰められているので、酸素ボンベは大きな間違いです。

 

でも、我々が生きていくのに必要なのは空気と言うより酸素です。

だったらタンクいっぱいに酸素を詰めた方が、長い時間潜っていられそうじゃないですか?

 

ということで、今回はタンクの中が酸素で無い理由をご紹介していきたいと思います。

 

酸素だって毒になる。酸素中毒とは

結論から言うと、酸素は毒になります。

ある条件で酸素を吸うと、酸素中毒という中毒症状を引き起こしてしまうんです。

バディに手を差し伸べるダイバー

 

あ、知ってる!酸素は体内で活性酸素になって、それがお肌に悪いとかなんとか…

違います。(笑)

 

酸素中毒、肌荒れなんて生易しいものではなく、めまいや吐き気、頭痛に始まり、意識喪失、けいれんまでも引き起こしてしまいます。

水中で意識を喪失したら…

陽気なガイコツ

 

考えるだけでも恐ろしいですが、通常のダイビングで酸素中毒となることは考えにくいのでご安心を。

 

酸素中毒を引き起こす原因は『ある条件で酸素を吸うこと』と言いましたが、その条件とは何なのでしょうか?

それは高気圧の酸素を吸うことです。

 

あれ?ダイビング中は吸っている空気の圧力も周囲の圧力と同じでしたよね。

ということは酸素中毒の危険が…

 

ここでの高気圧というのは酸素分圧で1.5気圧前後です。(1.4~1.6気圧で影響が出ると言われています)

 

分圧という言葉に馴染みが無い方もいるかもしれませんね。

様々な物質が混ざった気体中で、ある物質だけの圧力を分圧と言います。

 

Macbookでグラフを表示する男性

例えば地上で気圧は1気圧です。

空気は約80%が窒素、約20%が酸素でしたよね。

このとき酸素だけの圧力、酸素分圧は1気圧×20%で約0.2気圧。

窒素だけの圧力、窒素分圧は1気圧×80%で約0.8気圧になっています。

 

簡単ですよね!?

なんでそうなるかは、そういうもんだと思っておいてください(笑)

 

話を戻します。

酸素分圧で1.5気圧ということは、例えば100%酸素を水中で吸うとすれば、水深5m付近で酸素中毒を発症する計算になります。

 

水深5m、我々ダイバーにとってはすぐそこですよね。

だから、ダイビングに100%の酸素は使うことが出来ないんですね!

 

空気でも酸素中毒になる?

溺れている男性

ここで、勘の良い方は逆のことを考えたかも知れませんね。

通常の空気(20%酸素)で酸素分圧が1.5気圧になったら酸素中毒になるの?

 

答えは…

なります。

 

具体的に考えると、周囲圧が7.5気圧になった時、酸素分圧は1.5気圧になりますね。

水深にして65m。

 

我々、通常のダイビングでは縁の無い世界ですね!

これで少しは、酸素中毒への恐怖は薄れましたか??

 

ちなみに、通常のダイビングの最大水深は40m。

なぜキリの良い50mではなく40mなのでしょう?

 

水深40mは5気圧なので、酸素分圧は1気圧。

酸素中毒を起こさないため、少し余裕を持ったこの水深が、最大水深とされているわけですね。

 

ナイトロックスとは

エンリッチド・エア・ナイトロックス

通常の空気を吸って、通常の範囲内でダイビングを行う分には酸素中毒のリスクはかなり低いはずなのに、なぜ酸素中毒の話が重要なのでしょうか。

 

ライセンスを取得する時点では確かに酸素中毒とは無縁なのですが、この先ステップアップをした時に、酸素中毒の危険性を頭に入れなくてはならない場面が来ます。

それはナイトロックス(エンリッチドエア)の使用です。

 

詳しい説明はここでは割愛するとして、簡単に言うと空気よりも酸素の割合を増やした特殊なタンクです。

通常の空気が酸素21%なのに対して、ナイトロックスでは32%や36%と言ったものが一般的です。

海外では当たり前、最近では日本でも使用することが増えてきています。

 

ここまでの話で考えると…

32%ナイトロックスでは約36m、36%ナイトロックスでは約31mで酸素中毒を起こしてしまうことになります。

もちろん、これは酸素分圧1.5気圧で酸素中毒になる、と仮定した話なので、安全のためにはもっと浅い水深に留めておく必要があるでしょう。

 

どちらにしても、通常のダイビングの最大水深である40mよりも浅いところで酸素中毒を起こしてしまうわけですよね。

 

もちろんナイトロックスを使用するための講習の際に、この辺りの話はさらに詳しく勉強します。

 

なので、まずはナイトロックスのタンクを間違って持って来る事だけは無い様にしてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事