今年ももうすぐ終わりですね!

2018年もいろいろありました。

みなさんはどんな思い出があったでしょうか。

 

年始の挨拶と言えば年賀状。

LINEやTwitterで気軽に済ませる方も多くなってきましたが、やっぱり年賀状をもらうと嬉しいもの!

ダイビングをしながら年賀状を出せるスポットがあるのを知ってましたか?

 

この記事では海中ポストが設置されているスポットを紹介します!

すさみ海中郵便ポスト

まずは車のCMで有名になった和歌山県すさみ町の海中郵便ポストです!

2002年には「世界一深いところにあるポスト」としてギネスブックに掲載されました。

水深10mと浅めなので体験ダイビングでも行くことができます!

 

この海中郵便ポストは南紀熊野体験博の開催を記念して1999年から設置されています。

投函されたはがきは地元のダイバーさんが毎日回収し、すさみ郵便局から全国へ配送されます。エアメールもOK。

地元のダイビングショップ・クラブノアすさみさんでは、耐水紙でできた限定はがきを販売しています(切手代込みで1枚200円)。

 

はがきには限定スタンプを押して発送してもらえます。

 

View this post on Instagram

 

#すさみ #海中ポスト #2002年ギネスブック認定 #海中ポストよりハガキ届いた 見た目普通のハガキやけど濡れた感じなし。

足立 健一さん(@adachi_kenichi)がシェアした投稿 -

すさみ海中郵便ポストへのアクセスは、車の場合、紀勢自動車道・日置川ICから約10分。

電車の場合きのくに線・周参見駅で下車。

 

波の上うみそら公園の海底&海中ポスト

2つ目は沖縄県那覇市の波の上うみそら公園にある海底&海中ポストです!

波の上うみそら公園には2つ、水中ポストがあります。

こちらが海底ポスト。シーサーがいい雰囲気を醸し出していますね。

 

こちらが海辺ポスト。潮が引いたときには歩いて投函することもできます。

沖縄の海辺ポスト

引用:OKINAWA CLIP

 

波の上うみそら公園ではオリジナルポストカードを用意しています。

2枚セットで500円。売上はサンゴを守るための協力金としてNPO法人美ら海振興会に寄付されます。

沖縄の水中ポスト専用はがき

引用:OKINAWA CLIP

 

旅の記念にもなりますし、サンゴ礁の保護を援助することにもなって一石二鳥ですね。

波の上うみそら公園へは那覇空港から車で6分です。

 

伊豆海洋公園の水中ポスト

静岡県の伊豆海洋公園にも水中ポストが設置されています。

IOPの水中ポスト

引用:伊豆海洋公園ダイビングセンター
(イベントによってデコレーションが変わります。こちらは母の日仕様)

 

こちらは水深およそ20m。

おっ?ギネス更新ですね?なぜこちらがギネス記録ではないのでしょう?

イベント時限定の設置だったことがあるからかな?詳細はわかりません……

 

IOPでも限定ポストカードを1枚110円で販売しています(持ち込みの場合も料金がかかります、ラミネート加工代込)。

 

実は最近、浅場にも水中ポストが設置されました。

水深5mですから、アドバンスじゃなくても行けますね。

みんな行けるようになって、よかったよかった。

 

伊豆海洋公園へは伊豆急行線・伊豆高原駅からバスで約9分。

車の場合は、東名高速道路・沼津ICまたは長泉沼津ICから約55kmです。
(伊豆縦貫自動車道・伊豆中央道・修善寺道路経由)

 

まとめ

水中からはがきを出すなんてダイバーにしかできない特権。

この特別な経験を年賀状にのせて、おすそ分けしてみてはいかがでしょうか。

受け取った人にとってもきっと素敵な思い出になりますよ♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事